さまざまな種類を扱っている大阪のクリニックの二重整形手術

二重

毎日の化粧が楽しくなる大阪の美容外科の二重整形

水を飲む女性

目というのは顔の印象を作りやすい一番の部分となります。やはりぱっちりした二重にあこがれるという方は多いと思います。そんな中で、大阪の美容外科での二重整形には二種類の方法があります。それは、埋没法と切開法です。埋没法とは、まぶたに糸を通し二重をつくるという二重整形手術になります。この方法は、目を開けるときに動く筋肉と皮膚を糸で結び、目を開けるとその意図に皮膚が引っ張られて二重にになるといった手術です。この手術は10分~20分といった短時間で行われ、比較的簡単にすることができ一番人気でよく行われている手術です。手術後の腫れをひかせるために、体を冷やしたり体をあたためすぎないことが大切となってきます。
切開法では、まぶたをメスで切り二重にする方法なため、ダウンタイムが長くかかってしまうことや手術後にもとのまぶたに戻せないという欠点がありますが、埋没法よりも強度が強い二重にすることができます。ですがやはりメスを入れるため、最初のほうは傷が目立ってしまったり傷が残ってしまったりします。また、手術後の腫れや内出血も多くみられ、費用も埋没法よりかかってしまうことが欠点として挙げられます。大阪の美容外科での二重整形は、自分にあった方法をどちらかしっかり考えて二重整形をすることで、満足のいく二重を手に入れることができると思います。私は大阪の美容外科で二重整形手術をして、今ではとても毎日の化粧が楽しくなりました。

大阪の美容外科で行う二重整形について

日本人を含めアジア人は欧米や北欧等の外国人に憧れを抱く人が多いですよね。日本人にはない外国人の高い鼻や彫りの深い顔立ち、綺麗な二重まぶたに憧れるようです。最近は大阪の美容外科でも整形手術に抵抗を感じずに割と簡単に受ける方も増えています。二重整形でも埋没法と言われる、特殊な糸を使用して二重にしたいラインを結ぶという方法の場合失敗したと感じても糸を除去すれば元に戻るのでトライしやすいと言われています。
ただ、その反面糸が切れてしまう等の理由から、意図せずに元のまぶたに戻ってしまう事もあるので注意が必要と言えます。また、まぶたが厚みのある方だと埋没法ができない場合もあります。他には切開法がありますが、こちらの方法は元に戻るという事はほとんどないとされますが逆に失敗と感じても元に戻す事ができないというリスクがあると言えます。切開した傷跡も残るので、見る人によっては二重整形をしたというのがわかってしまう可能性もあります。
そして大阪の美容外科の二重整形は日帰りでできる事等から、軽く考えがちですがやはり二重整形は術後しばらくまぶたが腫れる物です。埋没法の方が腫れが少ないと言われていますがそれでも全く腫れない人はいませんし、体質で長く腫れる人もいます。日帰りでできるからと次の日から出歩くのは難しいです。その為、長期休み等で余裕をみて行うのがお薦めです。二重になりたいと思っている方は、大阪の美容外科に行ってみてはいかがでしょうか。

さまざまな種類を扱っている大阪の二重整形手術

大阪の美容外科でも行っている二重整形の埋没法は、まぶたを糸で結んで二重まぶたを作る方法になり、メスによる手術は行われません。そのため、切開法よりまぶたの痛みや腫れを抑えることができますが、二重まぶたの持ちは切開法の方が優れています。けれども、埋没法はメスで縫わずに糸でまぶたを結ぶので、抜糸して元のまぶたに戻すことができます。
また、埋没法には糸が取れにくい埋没法や糸が目立ちにくい埋没法が存在しますが、大阪の美容外科でも一般的なのは2点止めや3点止めになります。なぜなら、他の埋没法と比べると費用が安く済む上に、どこのクリニックでも行われているので簡単に二重まぶたを体感することができるからです。
さらに、糸の本数が少なく糸の絡め方がシンプルなので抜糸しやすいメリットがあります。ちなみに、2点止めや3点止めでも他の埋没法より糸が取れやすいということがないので、初めて埋没法を受けるのにお勧めとされています。
そして、糸が取れにくい埋没法や糸が目立ちにくい埋没法の二重整形手術の共通点は、行っているクリニックが少ない上に抜糸しにくい難点があります。そのため、手術後のまぶたの痛みや腫れは、2点止めや3点止めと比べると痛みを伴って腫れやすいとされます。埋没法には3種類のやり方がありますが、費用面のバランスが取れているのは2点止めや3点止めになります。大阪の美容クリニックでは、さまざまな二重整形手術法があります。気になっている方は、是非行ってみてはいかがでしょうか。

大阪でする二重整形の手術方法について

大阪での二重整形の方法は2通りあります。それが埋没法と切開法です。昨今、プチ整形と言われているものが「埋没法」です。当然、それぞれの手術方法にはメリット、デメリットがあり、目元の状態や年齢、、再手術の有無や予算により最適な二重整形の手術方法には違いがあります。どちらの方法で二重整形をするかについては、手術する医師と事前カウンセリングにより決定します。埋没法は、多くの人達が気軽にプチ整形として手術をうけます。この方法では、メスを使わずに特殊な糸でまぶたを縫い合わせることにより二重ラインを形成する方法です。手術時間も10分程度で完了することから、埋没法で気軽に二重整形に挑戦する女性が多いです。埋没法は、二重整形後の腫れや痛みが少なく、大阪の病院では手術当日から日常生活に戻ることができるため学生や会社員に人気の手術法です。つぎに、切開法はまぶたを切開して必要のない脂肪を取り除いた上で二重のラインを作ります。また、大阪でまぶたを切開する二重整形は仕上がりがきれいなこと、二重ラインが半永久的に維持できるというメリットがあります。しかし、手術後の腫れや痛みが個人差はあるものの約1週間続くことがあります。切開法で行うのに適している人は、元々のまぶたがとても分厚い人や、二重のラインの幅は狭い方が良いという人が適しています。

笑う女性

二重の種類は何があるのか?

まぶたが、一重より二重の方がよいと考える人は多いです。一重だと、まぶたが腫れているように見えてしまうこともあり、せっかく目の大きな人でも、目が小さく見えてしまいます。二重だと、目が小さいことにコンプレックスを持っている人でも、バッチリとした目に見せることが出来ます。二重と言っても様々な種類があります。奥二重は、一見見ると一重に見えますが、まぶたの奥の目に近いところで二重になっています。奥二重の効果として、目が大きく見えるだけでなく丸く見えます。末広型の二重は、目尻にいくにつれ、二重…

MORE ▶

女性と花

二重整形のポイントとは

二重にしたい、という人はとても多いです。それは生まれつきになりますから、努力云々でできることではないのです。いくらか化粧でそう見せることができないわけではないのですが、どうしてもずっと、というのは厳しいことになります。しかし、美容整形であればそれができるようになります。いくつかの方法で二重にすることができるようになっていますから、まずはそれを検討してみる、ということを意識しておきましょう。では、そもそも自分がどんな状態であるのか、ということから把握しましょう。つまりは、どんな瞼であ…

MORE ▶

Article List

2017年06月08日
アイプチより二重まぶたの整形を更新しました。
2017年06月08日
身近になりつつある二重施術を更新しました。
2017年06月08日
二重整形のポイントとはを更新しました。
2017年06月08日
二重の種類は何があるのか?を更新しました。
ストレッチ

身近になりつつある二重施術

目は口ほどにものを言うという言葉がある通り、私たちにとって目は顔のパーツの中で、最も第一印象を左右させると言っても過言ではないのでしょうか。近年、私たちの生活の中で二重整形は身近なものになってきて、昔ほどの偏見は少なくなってきました。数年前は美の国と言われる韓国まで出向き施術を行う人が多かったのですが、最近では日本での技術が進んだ為か国内での二重施術が身近に感じるようになったのではないでしょうか。二重整形と言ってもその種類は多種多様で、個人に合わせた施術を選べるのが指示される理由の…

MORE ▶

眠る女性

アイプチより二重まぶたの整形

アイプチより二重まぶたの整形をした方が良いのです。私は、アイプチで二重まぶたの状態にした経験があるのです。アイプチは、安いのです。そしてアイプチは、一重まぶたの女性に大人気のアイテムなのです。私はアイプチを使って、二重まぶたのラインを作ったのです。ですがアイプチで、作った二重まぶたのラインは、バレバレなのです。瞬きをした瞬間バレバレなのです。自然な二重まぶたとは、まったく違うのです。ですからアイプチは、やめた方が良いのです。テープを使って、二重まぶたのラインを作った場合も不自然な二…

MORE ▶

TOP